ここから本文です

【DeNA】山崎、今永、桑原の3選手が選出…侍U24日本代表

10/12(木) 15:02配信

スポーツ報知

 日本、韓国、台湾による「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日・東京D)の日本代表メンバーが12日、発表され、DeNAからは山崎康晃投手(25)、今永昇太投手(24)、桑原将志外野手(24)の3選手が選出された。

 今大会のメンバーは24歳以下、または入団3年以内(そのほかにオーバーエージ枠3人)と限定されている。昨年11月の強化試合以来となる侍ジャパン入りを果たした山崎康は、今大会が初采配となる稲葉監督について「本当に気の優しいお方で、試合になると目の色が変わる。僕自身にとっても、尊敬できる選手の1人だったし、今回初めて監督として引っ張ってもらうので、いろんなことを勉強させてもらいながら、頼ってもらえるような選手になれるように頑張っていきたいです」と意気込んだ。

 また、今永と桑原はともに初の侍ジャパン入り。今永は「小学校から野球を始めて、正直、縁のないものだと思っていたので(代表入りを)聞いた時はすごくうれしかったです。選ばれたうれしさもありますけど、やっぱり重みが全然違うと思う。また気を引き締めて野球と向き合わないといけないなとは思いました」と抱負を語った。

 桑原も「正直、驚きと、自分の力を存分に発揮したいなという、すごくわくわくした気持ちがあります。勝つことや結果を出すことが非常に求められると思うので、いい準備をして、自分のパフォーマンスをできるように精いっぱい頑張ってきます」と話し、早くも気合十分だった。

最終更新:10/12(木) 21:20
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報