ここから本文です

藤井聡太四段が順位戦5連勝!昇級目指し「いい星取で折り返せた」

10/12(木) 21:56配信

スポーツ報知

 将棋の公式戦歴代新記録29連勝を樹立した史上最年少棋士で中学3年生の藤井聡太四段(15)が12日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた「第76期C級2組順位戦」5回戦で、先手の星野良生(よしたか)四段(29)を88手で下した。これで公式戦46勝目(6敗、テレビ未放映分のぞく)。

 藤井四段は順位戦5連勝。同組の棋士50人で3枠を争うC級1組への昇級を目指し、無傷をキープした。

 順位戦は1年間のリーグ戦で10局指す。藤井四段は昨年12月にデビューしたばかりで、50人中45位と下位。同じ成績ではランクが上の棋士の方が昇級に有利に働くため、1期で昇級するには9勝1敗でも微妙な状況だ。

 藤井四段は終局後、「いい星取で折り返し地点を迎える事ができた。これからも一局一局、気を引き締めて頑張りたい」と話した。

最終更新:10/12(木) 21:56
スポーツ報知