ここから本文です

『ハウス・オブ・カード』のフィンチャー監督、新作は犯罪捜査スリラー

10/12(木) 13:03配信

オリコン

 『セブン』、『ゾディアック』、『ドラゴン・タトゥーの女』など大ヒット映画だけでなく、Netflixオリジナルの大ヒットドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』でドラマ界にもセンセーショナルを巻き起こしたデヴィッド・フィンチャー監督が監督・制作総指揮を手掛ける最新ドラマ『マインドハンター』が、「Netflix」で13日より世界同時配信開始となる。

【動画】『マインドハンター』新予告

 同作は、凶悪な連続殺人鬼や強姦犯を追う中で、犯罪者プロファイリングという手法を編み出した捜査官の姿を描いたスリラーであり、拘留された連続殺人鬼を取り調べていく2人のFBI捜査官が直面する未解決事件の謎が描かれていく。

 作品のキービジュアルには「狂気の中に、法則はあるのか?」というコピーが記されており、凶悪な犯罪心理を深く知ることで真実を見いだそうとするFBI行動科学班の捜査官ビルとホールデン、2人のキャラクターの性質が如実に表現されている。

 捜査官を演じるジョナサン・グロフとホルト・マッキャラニーについて、フィンチャー監督は「キャスト2人に読み合わせをしてもらった際、とても相性が良いのは一目瞭然だったよ。容姿も声も口調も異なるのにね。本当は2人とも非常に礼儀正しい性格なのに、お互いの神経を逆なでするような演技が見事に成立しているのは、2人が素晴らしい役者であることの証しだね」と、絶賛。

 作品のテーマについては「我々が到底理解できないものと戦うためには、“歪み”も実は人間の一部なのだと理解することで対抗するしかない。そんな犯罪プロファイリングの概念に魅力を感じたんだ」と語っており、フィンチャー監督にとっても一歩踏み込んだ意欲作となっている。

 予告編では、数々の凶悪犯罪者を調べていく2人の前に現れる犯罪者エド・ケンパーから漂う不穏な空気に、犯罪捜査ものが好きなドラマファン、フィンチャーファン、スリラーファンは抗えない魅力を感じるはずだ。

最終更新:10/12(木) 13:03
オリコン