ここから本文です

DeNA、山崎康&今永&桑原が侍ジャパンに選出

10/12(木) 16:04配信

サンケイスポーツ

 11月16-19日に開催される「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」(東京ドーム)に臨む侍ジャパンのメンバーが発表。DeNAからは山崎康晃投手(25)、今永昇太投手(24)、桑原将志外野手(24)の3選手が選出された。

 過去にも侍メンバーに選出経験のある山崎康は「まだ、僕自身は経験不足がある。勉強させてもらうつもりで頑張ります」と初心にかえってプレーする。今回のメンバーは若手主体となるため、山崎康は年齢的に上になることから「他のチームからはどの選手が入るのか知りませんが、行動で引っ張っていきたい気持ちはあります」とチームのまとめ役に名乗りを上げた。

 今季、チームトップの11勝を挙げた今永は「(侍ジャパンは)自分には縁のない場所だと思っていました。誰もが入れるものではないし、選ばれたうれしさがあります。一発勝負なので、どんなときも落ち着いて投げる姿をみてもらいたいです」と、表情を引き締めた。

 同じく不動のリードオフマンとしてチームを引っ張った桑原も初選出。「(自分が)コミュニケーションをとりやすいタイプなので、みんなとの距離が近くなるように、どんなタイプが観察しながら、みんなで協力できるようにすることが大切」とムードメーカーに務める。

 DeNAの本拠地、横浜スタジアムが2020年の東京五輪の野球・ソフトボールのメーン会場になることもあり、3選手とも五輪での侍入りへの思いも語った。

最終更新:10/12(木) 17:46
サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ