ここから本文です

やはり出る!?トヨタ新型クラウン登場の影にみえる次期型マークXの存在

10/12(木) 10:30配信

オートックワン

新型クラウンの登場でどうなる兄弟車マークXの存在

トヨタ新型クラウンが間もなく開催される東京モーターショー2017でデビューする。ボディスタイルからすれば明らかに現行モデルと同じ後輪駆動車だ。となると気になるのは、クラウンと兄弟関係にある「マークX」の存在。

クラウン史上最もスポーティな新型クラウン等を写真でみる(画像23枚)

マークXもフルモデルチェンジするのか、それとも販売低迷を理由に打ち切られるか? まず新型クラウンを分析してみよう。

ボディサイズは全長×全幅それぞれ4910×1800mmで、意外にも現行モデルより全長で15mm長くなるだけ。アメリカ市場を重視した新型カムリの4885×1840mmより車幅が狭いのだった。日本専用車ということもあり、なるべく大きくしたくなかったのだろう。

一方、新型クラウンのためだけに新設計のプラットフォームを開発したとは思えない。ある程度の台数を作らない限り、コスト的に成り立たないからだ。必ず兄弟車種を設定することだろう。現在、兄弟関係にあるのは、前述のマークXと、レクサスGS、IS、RCというラインナップ。

車種を見ていただけば解る通り、全モデルを合わせても台数的に厳しい。むしろクラウンの次に売れているのがマークXであり、販売打ち切りなど難しい?

トヨタとしては、新型カムリをマークXの後継モデルにしようとしているようだけれど、ユーザーのみならず販売店(トヨペット店)が納得していないという。

そんな状況からすれば「マークXの次期型は存在する」と考えた方が自然かもしれない。実際、クラウンのベーシックグレードとなる『ロイヤル』ですら381万2400円もする。メルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズに肉薄する価格になってしまった。台数だって期待出来ない。

マークXであれば300万円を下回る価格設定が出来るため、輸入車の購入を検討しているようなユーザー層まで引き込める。現在のマークXはデザインや性能的に少しばかり古くなってしまったものの、新型クラウンのプラットフォームを使えば魅力を引き出せる可能性大。

また、次期型ISもクラウンの兄弟車になる。マークXと同じく現行のISは基本設定が古く、もはやメルセデス・ベンツやBMWと戦って勝てるスペックではない。

となるとトヨタの新世代プラットフォームは責任重大だ。世界のプレミアムモデル達を打ち破ることが出来るだろうか?大いに楽しみである。

[Text:国沢光宏]

最終更新:10/12(木) 10:30
オートックワン