ここから本文です

「みんなでつくろう安心の街」 全国地域安全運動始まる 石巻署、河北署で出動式

10/12(木) 17:33配信

石巻かほく メディア猫の目

 「みんなでつくろう安心の街」をスローガンとした全国地域安全運動が、11日に始まった。20日まで。

 石巻署では10日、出動式が行われた。石巻地区防犯協会連合会会員や署員ら、合わせて約120人が参加。連合会の鈴木涼市会長が「『自分たちの街は自分たちで守る』を合言葉に関係機関と連携し、防犯パトロールに力を入れたい」とあいさつした。

 私立穀町幼稚園の年長児約60人が「いつもお仕事ありがとう。これからもパトロール頑張って下さい」とエールを送った後、青色回転灯を付けた車両など約25台が、管内の見回りに出発した。

 河北署や河北地区防犯協会連合会などは、11日に出動式を行った。

 石巻署管内の9月末現在の刑法犯の件数は768件(前年同月比168件減)。内訳をみると、自転車の窃盗が最も多く121件(11件減)、特殊詐欺は9件(3件減)で後を絶たたず被害金額は計829万円(1340万円減)に上る。女性と子どもに対する声掛け事案は90件(21件増)となっている。

 石巻署は自転車の窃盗、特殊詐欺、子ども・女性の犯罪被害防止を重点項目に掲げ、期間中、関係団体がさまざまなイベントを繰り広げて地域住民に防犯を呼び掛ける。