ここから本文です

様々な条件が重なり『復活の舞台』が整った今、逆襲に転じるデリック・ローズ「次の契約ではチームに倍額払ってもらう」

10/12(木) 12:00配信

バスケット・カウント

キャバリアーズの先発ポイントガードとして開幕を迎える

写真=Getty Images


デリック・ローズが今夏キャバリアーズとベテラン最低保証額の210万ドル(約2億4000万円)で契約した当初、チーム内で与えられる役割は『限定的』なものになると見られていた。

当時はまだカイリー・アービングが在籍していたため、もしアービングがチームに残っていたら、2番手ポイントガードになるのは確実だった。だが、レブロン・ジェームズからの独り立ちを希望したアービングはセルティックスへと新天地を求め、キャブズは交換要員としてアイザイア・トーマスを獲得。トーマスが股関節の負傷で出遅れることとなった今、選手としての価値を再び証明しようと躍起になっているローズに先発ポイントガードという絶好の機会がやって来た。

ローズは完全復活に強い意欲を持っている。プロにとって『評価は金額』であり、今回の格安の契約も彼の負けん気を奮い立たせるモチベーションとなっている。

ローズは言う。「再び自分の力を見せられる機会を手にした。自分の力に賭けているからこそ、このチームに来た。僕はシカゴ出身だから、仕事に対して積極的にやる気質が備わっている。契約については今回は問題ない。だけど次に契約する時は、チームに倍額支払ってもらう」

ここまでの調整は順調そのもの。10日に行なわれた古巣ブルズとのプレシーズンゲームでは、初めて実戦でレブロン・ジェームズと競演した。

また、1対1からレイアップを決めるなど、ブルズ時代の往年のキレも取り戻しつつある。

トーマスが復帰するまでは先発出場が濃厚なため、選手としての価値を世にに知らしめるためのチャンスになる。今シーズンの活躍が評価され、来年の夏に大型契約を手にできた時、ローズが「1年前に言った通りになった」と笑顔で語る姿が想像できる。様々な偶然が重なって最高の機会を得た以上、あとはコート上で結果を残すのみだ。

バスケット・カウント

Yahoo!ニュースからのお知らせ