ここから本文です

マンホールメモ帳に大喜び 佐賀県、小中高校に無料配布

10/12(木) 13:20配信

佐賀新聞

ムツゴロウなどデザイン

 ものづくり企業に関心を持ってもらおうと、佐賀県は県内すべての小中高校、特別支援学校の生徒にマンホールのふたをデザインした丸形メモ帳を配っている。受け取った佐賀市の赤松小学校4年1組の子どもたちは「かわいい」「見たことある」と大喜びだった。

 赤松小の4年生は下水道について授業で学習したばかり。デザインされたマンホールのある市町を地図帳で調べるなど、マンホールに興味津々だった。メモ帳は、県内市町で実際に採用されているオリジナルデザイン19種類をそろえており、基山町のメモ帳をもらった古賀彩織さん(9)は「基山町のことやマンホールについて今日初めて知った。かわいくて、早く使いたい」と瞳を輝かせた。

 マンホールのふたなどを製造する三養基郡みやき町の日之出水道機器と県が共同で制作した。オリジナルマンホールは、太良町は特産品のカニやミカン、佐賀市は有明海のムツゴロウなど、地域の名物などを図柄に取り入れている。

 県産業労働部ものづくり産業課が、県内のものづくり企業で働く若者を増やすことを目的にした「戦略的ものづくりプロモーション事業」の一環。今年2月には第1弾として、竹下製菓(小城市)のブラックモンブランを模したメモ帳を配布した。

最終更新:10/12(木) 13:20
佐賀新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ