ここから本文です

5社の株主優待でペットボトルのドリンクを126本いただく。優待+配当利回り7%超えの会社もコッソリ紹介します。

10/12(木) 12:04配信

マネーの達人

「仕事の友」を株主優待で賄えるか

オフィスなどで、仕事の友として、お茶やコーヒー、ジュースなどのドリンクを召し上がる方も多いかと思いますが、皆様はそれらの飲み物をどのように調達されますか?

自販機やコンビニなどで毎日買っているのであれば、一日あたりの出費は大したことなくても、1週間、1か月…、と積もり積もれば、結構な金額になるのではないでしょうか。

そこで、今回は、

ペットボトルなど持ち運びできるドリンクをいただける株主優待で、冷たい飲み物が好まれる5月から10月のドリンクが賄えるのか

を考えてみたいと思います。

5月から10月の間の土日祝を除く平日に出社すると、夏休みや連休もあるので日数の増減はありますが、出勤日はおよそ125日です。

1日500ml程度の容量のドリンクを、1日1本会社に持っていくと計算し、125本分を株主優待でゲットできるのかを検証します。

下記の株価他データは、9/29(金)終値時点でのYahoo!ファイナンスより引用しております。

1. お馴染みのドリンクが頂ける!

「コカ・コーラボトラーズジャパン(2579)」は言わずと知れた世界的ブランドである「コカ・コーラ」の国内最大手のボトラーです。

2017年4月に「コカ・コーライーストジャパン」社と「コカ・コーラウエスト」社が経営統合して発足しました。

「コカ・コーラボトラーズジャパン」では株主優待として、年1回、12月末権利の株主に対して、継続保有期間と保有株数に応じたポイントを付与しています。

このポイントに応じてコカ・コーラ社製品詰め合わせと交換でき、1ポイント60円相当となります。

こちらの企業の株主優待サイトによれば、100株保有でいただける45ポイント分で交換できる商品として、「ジュース類」、「お茶類」、「缶コーヒー」などがあります。

今回は「コカ・コーラボトラーズジャパン」の株主優待でいただけるドリンクを18本とカウントします。

・ 株価 3650円
・ 最低購入金額 36万5000円(100株)
・ PER 25.45
・ PBR 1.22  
・ 権利確定月 12月末
・ 配当 44.00円/年
・ 配当利回り 1.21%

■株主優待

株主優待ポイント(1ポイント60円相当)
・ 100株以上 
3年未満 45ポイント
3年以上 75ポイント

・ 500株以上 
3年未満 60ポイント
3年以上 105ポイント

・ 1000株以上
3年未満 90ポイント
3年以上 150ポイント

・ 5000株以上
3年未満 180ポイント
3年以上 300ポイント

1/4ページ

最終更新:10/12(木) 12:10
マネーの達人