ここから本文です

アウトレイジだコノヤロー!関東vs関西の全面戦争勃発 立ち技実験バトル「KHAOS」に注目株が集結

10/12(木) 12:04配信

AbemaTIMES

K-1、Krushと同系列のイベントで、今年からスタートしたKHAOSは、チャンピオンの座を争う場ではないからこそできる、企画性の強いマッチメイクで話題を呼んでいる。

これまで「出場選手は10代限定」「優勝者が全員分のファイトマネーを総取りするトーナメント」が行なわれてきたKHAOS。10月14日の新宿FACE大会では、「関東vs関西 全面戦争」と題した6対6の対抗戦を実施。

格闘技は大会もジムも関東に多いのだが、近年は地方のジムも強豪を輩出。K-1甲子園などでも関西勢の活躍が目立つ。その躍進ぶりを、対抗戦という形で発揮させてみようというわけだ。もちろん、迎え撃つ関東の選手たちにも対抗意識はあるはず。

実際には、選手は目の前の選手を倒すことだけに集中するもの。しかし対抗戦というテーマを作ることによって、観客にも試合を見る際のプラスαの軸ができる。単に「若い選手たちが勝ったり負けたりしている」というだけではなくなるのだ。

対戦カードには、一昨年のK-1甲子園を制した篠原悠人、Krush、KHAOSで連続KO勝利中の“バズーカ”巧樹など有望な選手がラインナップ。ここで誰がインパクトを残すのか、KrushやK-1のトップ戦線に食い込む選手は出てくるのか。選手たちの出世争いという意味でも、KHAOSは要注目だ。

「KHAOS.4 新宿FACE大会」は10月14日(土)17:00~生中継

最終更新:10/12(木) 12:04
AbemaTIMES