ここから本文です

カンプノウの名称が変更に,第一期に開催される集会で審議

10/12(木) 18:00配信

SPORT.es

バルサはスタジアム改築プロジェクト「エスパイバルサ」のネーミングライツ契約に向けて、世界的企業と交渉している。「エスパイバルサ」は2019年の夏に工事開始が予定されている。

バルサはスポンサー候補企業の開拓を専門家にゆだねていたが、その結果見通しは明るく、当初予測されていた2億ユーロ(約260億円)を上回るスポンサー料が見込める可能性がある。

「エスパイバルサ」の工事資金に充てる為、バルサはできるだけ早期のスポンサーシップ契約を目指している。シーズン2018-19よりカンプノウにはスポンサー企業の名が付加される。

最長で9か月以内にバルサと対象の企業との間にスポンサー契約が締結される。現在交渉中の複数の企業の仲には、今すぐにスポンサー契約を希望する企業もあれば、「エスパイバルサ」の完成を待ってから契約を結ぶことを希望する企業も存在する。企業の選定が終われば、バルサの評議会で審査が行われた後に晴れてスポンサーシップが締結される。

FCバルセロナは新カンプノウがスポンサー料による利益でメットライフ・スタジアムを超えることを目指している。

(文:albert masnou)

SPORT.es

最終更新:10/12(木) 18:00
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合