ここから本文です

Mrs. GREEN APPLE フェスの空気感に緊張!?「テレビで見てる人がいっぱいいる」

10/12(木) 20:01配信

TOKYO FM+

Mrs. GREEN APPLEの大森元貴(ボーカル)、若井滉斗(ギター)、藤澤涼架(キーボード)が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。“人前に立つと緊張してしまう”というリスナーの相談を取り上げ、アドバイスを送りました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ミセスLOCKS!」10月11日(水)放送分)

――リスナーの相談
『私はなにか自分の意見を伝えたり発表する時に、すごく緊張して自信が持てなくてすぐに顔赤くなったり足が震えたりしてしまいます。 周りからは「いけるよ!」と言われても、逆に不安になってしまいます。どうすればミセス先生たちみたいに、自分に自信を持って堂々と振る舞えるようになりますか?(16歳・女性)』

大森:これ(藤澤)涼架ちゃん先生的にはどうですか?

藤澤:正直僕は、普段から堂々としてないんで。

大森:涼ちゃんは、本当にメンバー1緊張に弱いんですよ。

藤澤:いつまでたってもだよ。バンド活動始めて4年が経ってますけど、やっぱりライブの日は朝からお腹が痛くなってそれはもう変わらない。だからそういうもんだって受け入れちゃえば……。緊張している自分を追ったら余計に緊張して「何でこんな日に限って緊張しちゃうんだろう」って思うから、もう思っちゃダメ。

大森:緊張は悪いことじゃないと思うんだよね。緊張しない方が逆に大丈夫? って思っちゃう。ライブの時に緊張してると「よっしゃ緊張してる。じゃあ大丈夫だ」ってなるんだよね。つまり自分が真摯に向き合ってる証拠というか身体がそれを察知してるだけだと思ってるので、緊張してた方がいいと思うんだよね。逆に緊張しない子よりも私は緊張できてるんだと思って、そこを自信に思った方がいいですよ。

若井:ありがとうございます!

藤澤:僕たちも学んでいくことが多いね。

大森:(笑)。今までで一番緊張したことってありますか?

藤澤・若井:緊張したこと!?

大森:いや……仲良い感じいいから別に(笑)。

若井:僕、今緊張してますよ。

大森:一番?

若井:一番って分からないよね、緊張って一緒だからさ。ラジオやる時もライブやる時も、緊張は一緒。

大森:でも僕は、初めての単独で緊張しちゃったもんですから。MCで「ごめんね」って言ったの初めてだもん。「ごめんね、こんなに緊張して」って(笑)。

1/2ページ

最終更新:10/12(木) 20:01
TOKYO FM+

Yahoo!ニュースからのお知らせ