ここから本文です

第2回全国電話調査。中国ブロック比例投票予定「自民4割」「立憲民主と希望が拮抗」「公明、共産が横一線で激しく競り合う」

10/12(木) 17:30配信

選挙ドットコム

第2回全国電話調査。中国ブロック比例投票予定「自民4割」「立憲民主と希望が拮抗」「公明、共産が横一線で激しく競り合う」

衆議院議員選挙は10日公示され、22日の投開票に向け選挙戦がはじまりました。

選挙ドットコムが、電話調査サービス「リサーチコム」のルーシッド株式会社と合同で続けている全国電話調査の第2回調査分の概要がまとまりました。

2回目の全国調査は10月8日(日)、18歳以上の男女6万人を対象に行い、このうち3,321人から回答を得ました。
選挙ドットコムでは今後もルーシッド株式会社と合同で、投開票日まで毎週、11ブロック単位での電話調査を行います。ぜひご参考ください。

中国ブロック(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)の主な数値をまとめました。

内閣支持・不支持率

「安倍内閣を支持しますか?支持しませんか?」と尋ねたところ、「支持する」と答えた人は29%、「どちらかと言えば支持する」と答えた人は18%で、合わせて47%で、先週の調査(1日)と比べて6ポイント下がりました。
一方、「どちらかと言えば支持しない」と答えた人は28%、「支持しない」とた人は24%で、合わせて52%で6ポイント余り上がり、中国ブロックでも「不支持」が「支持」を上回りました。

希望の党への期待

「小池都知事が立ち上げた新党希望の党に期待しますか」と尋ねたところ、「期待する」と答えた人は2割半ば、「期待しない」と答えた人は半数弱、「どちらとも言えない」と答えた人は2割半ばでした。

立憲民主党への期待

「民進党を離党した枝野幸男氏が立ち上げた新党立憲民主党に期待しますか」と尋ねたところ、「期待する」と答えた人は3割弱、「期待しない」と答えた人は4割強、「どちらとも言えない」と答えた人は3割弱でした。

選挙区投票予定の候補者の政党

「選挙区においてどの政党の候補者に投票しますか」と尋ねたところ、自民が半数弱と11ブロック中、最も高くなっていて、続いて、希望が2割弱、立憲民主が1割半ばとなっています。共産が続き、公明と維新が拮抗しています。
男女別にみてみますと、自民は男性の半数、女性4割半ば、立憲民主は男性2割女性1割強、希望は男性女性ともに1割半ばの支持となっています。

1/2ページ

最終更新:10/12(木) 17:30
選挙ドットコム