ここから本文です

来夏開催ロシアW杯 バルサとレアルの主要選手が勢揃い!

10/12(木) 21:22配信

SPORT.es

FCバルセロナ対レアル・マドリードのクラシコは世界で最も注目度の高い一戦だ。
FIFAワールドカップロシア大会ではガレス・ベイルを除くマドリーとバルサの主要選手らが勢揃いすることになりそうだ。

既にバルサとレアル・マドリードの選手の大半の出場が決まっているが、イヴァン・ラキティッチ、ルカ・モドリッチ、負傷中のマテオ・コバチッチは10月17日に開催される抽選でプレーオフの相手が決まるのを待っている。

もしクロアチアが本戦出場となれば、予選敗退により欠場が確定している選手はガレス・ベイル(ウェールズ)、アルダ・トゥラン(トルコ)、ヤスパー・シレッセン(オランダ)だけとなる。

メッシとマスチェラーノのアルゼンチン代表は、エクアドル戦でのメッシのハットトリックにより本戦出場を確定した。また、クリスティアーノ・ロナウドとネルソン・セメド、アンドレ・ゴメスのポルトガル代表もスイスを2-0で下し本戦出場を確定した。

フランス対ベラルーシ戦では、ヴァラーヌ、ユムティティ、ディニュ、ウスマン・デンベレ(負傷中)、カリム・ベンゼマ(現在欠場中)、テオ・エルナンデスのワールドカップ本戦への出場が確定した。

またブラジル代表は、パウリーニョ、マルセロ、カゼミーロ、ウルグアイ代表はルイス・スアレス、トーマス・フェルメーレン、コスタリカ代表はケイラー・ナバス、ドイツ代表はトニ・クロース、テア・シュテーゲンが出場するほか、スペイン代表としても複数のバルサ又はレアル・マドリー所属の選手(セルヒオ・ラモス、イニエスタ、ピケ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト)が出場する。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:10/12(木) 21:22
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合