ここから本文です

ベビレ林愛夏、スガシカオの楽曲を熱唱 別企画が中止もファンは大満足

10/12(木) 15:13配信

AbemaTIMES

 アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANの林愛夏が、ネット配信番組で予定していなかったスガシカオの「Progress」を熱唱、当初予定していた企画を中止してまで歌い上げ、ファンを魅了した。

 10月10日に生放送された映像配信プラットフォーム「FRESH!」の番組「林愛夏の音楽準備室」で、作・編曲家の杉田未央から歌のレッスンを受けていた林は、番組終盤に思いがけない行動に。予定していた楽曲3曲を歌い上げると、突如NHKのドキュメンタリー「プロフェッショナル 仕事の流儀」のテーマ曲でシンガーソングライター・スガシカオの名曲「Progress」を「どうしても歌いたい」と言い出した。

 林はスガシカオの大ファンで、2人はインスタグラムで相互フォローする仲。この日の番組のテーマが「男性ヴォーカリスト特集」だったため、林はどうしてもこの曲が歌いたかったという。これにピアノを担当していた杉田も「やりましょう。やりましょう」とすぐさま同意。生放送で急遽、林が「Progress」を歌うことになった。

 これにより、予定していた“作詞・作曲の添削企画”は時間の都合で中止になってしまったが、林が「Progress」を歌い上げると、視聴者コメント欄は「まるで持ち歌のよう」「自分の経験とリンクしているんだろうな」「どうしても歌いたかった理由がわかった気がする」と絶賛の嵐が巻き起こった。生放送ならではの珍事となったが、結果は大成功だった。

最終更新:10/12(木) 15:13
AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ