ここから本文です

日本ハム大谷の手術無事終了、2~3週間で退院予定

10/12(木) 16:30配信

日刊スポーツ

 日本ハム大谷翔平投手(23)が12日、都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受け、無事に終了した。

 今後は病院内でリハビリを行い、2~3週間で退院予定。退院後は2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷でリハビリ、練習を行う見込み。投打で制限なくプレー出来るまで、約3カ月を要する見込み。

 大谷は手術を行うことを発表した11日に球団を通じて「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため、公式戦終了直後のこの時期に手術を受けることにしました。自分なりのパフォーマンスを出せるように、手術後はリハビリと練習に努めます」と、コメントしていた。

最終更新:10/12(木) 16:44
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報