ここから本文です

フランクフルト欠場者多数ボランチ本職1人もおらず

10/12(木) 19:37配信

日刊スポーツ

 フランクフルトが欠場者だらけだと、12日の独紙ビルトが報じた。

 フランクフルトのニコ・コバチ監督は11日、チーム状況について語った。風邪をひいていたFWセバスチャン・ハラーは大事をとって病院へ。「のどに軽い痛みがある。私のように」とコバチ。

 MFマルク・シュテンデラは風邪で今週トレーニングに参加できていない。コバチは「彼は欠場する」とコメント。さらにスロボダン・メデイェビッチはふくらはぎに痛み、ゲルソン・フェルナンデスは肉離れ、オマール・マスカレルはアキレスけんの負傷で欠場。ボランチが1人もいないという事態だ。

 ハノーバー戦ではケビンプリンス・ボアテングがヨナタン・デグズマンとボランチでコンビを組むことになりそうだ。

最終更新:10/13(金) 1:41
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ