ここから本文です

朝ドラ撮影で徳永えり「濱田さんに毎回謝ってます」

10/12(木) 13:00配信

Lmaga.jp

朝の連続テレビ小説『わろてんか』の出演者やスタッフ、総勢22名にNHK大阪放送局がインタビュー。ヒロイン・藤岡てん(葵わかな)の身の回りを世話する女中・トキを演じる徳永えりのコメントが届いた。

【写真】春の出演者発表会見に登場した徳永ら出演者

『梅ちゃん先生』『あまちゃん』にも出演し、朝ドラ3作目の徳永。「大阪制作は今回が初めてになるので、わくわくしています。私は大阪出身なので『そうか、地元で仕事をするのか』という不思議な気持ち。地元に帰ってくると、ちょっと緩んでしまう自分がいるので『大丈夫かな? 私・・・』という不安もあり、頑張らないといけないな」と話す。

演じるトキは、濱田岳演じる風太とともにてんを支える藤岡家の使用人。「すごい妄想をして暴走するトキをてんが『まあまあ』ってなだめる場面があったり。てんにとってトキは、姉でありつつ、妹的な部分もあり、さらには親友という面もどこかにあって、すごく不思議な関係だと気づきました。トキが暴走すれば暴走するほど、てんとりん(てんの妹/堀田真由)は段々と引いていくんです(笑)。ただ、2人ともトキの暴走をしっかり受けとめてくれるので、いけるところまでいったほうが、楽しいシーンになるかなと思い全力でやっています」という。

「風太とのシーンも多いですね。風太の頭をはたいたり、どついたりするのですが、力加減がうまくできないので濱田さんには毎回謝っています(笑)。すかしてしまってNGを出すのもダメだし、だったら思いっきりやって、濱田さんだけ痛くなれ! と(笑)。監督も『柱の角に風太をぶつけられないかな?』とか・・・。ただ、どんな場面でも濱田さんの受け方が本当に上手なので、トキと風太のやり取りを笑っていただけるとしたら、それは120%濱田さんのおかげです」

最後に、「『わろてんか』は、おもしろい、せつない、でもやっぱりおもしろい! という泣き笑いが多い作品です。朝からひと笑い、ふた笑いして、ちょっといいシーンも見て、さあがんばろうっていう気持ちになれる作品だと思うので、それを継続して、最後まで走り切れたらいいなと思っています」とメッセージを送った。放送は2018年3月31日までの全151回。

最終更新:10/12(木) 13:00
Lmaga.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ