ここから本文です

「流氷の天使」新種見つかる…富山湾の深海

10/12(木) 17:22配信

読売新聞

 「流氷の天使」とも呼ばれるクリオネについて、富山大学(富山市)は12日、富山湾の深海で新種を発見したと発表した。

 体長最大約5ミリで、クリオネの仲間では比較的小さいという。

 日本の周辺では北海道のオホーツク海にしか生息していないと考えられてきた。本州沿岸で生息が確認されたのは初めてで、遺伝子解析で新種と確認された。北半球では最も南方での発見といい、日本海固有種の可能性があるという。

 同大理学部が今月、調査船で新潟県上越市沖約10キロと富山市沖約10キロの水深約250~1050メートル付近で調査し、計約100匹を捕獲。新種の確認に協力した北海道蘭越町立博物館「貝の館」の山崎友資館長は「富山湾で発見されて驚いている。今後の日本の海洋学の発展にも貢献するのでは」と語った。

最終更新:10/12(木) 17:58
読売新聞