ここから本文です

「やばいやばい、やばいよマジで」 修学旅行生が目撃した米軍ヘリ炎上の瞬間

10/12(木) 7:55配信

沖縄タイムス

「正直、動揺してます」

 米軍ヘリが炎上する瞬間を撮影した大阪府の男子高校生(16)は「沖縄修学旅行1日目でヘリの墜落を目の当たりにしてしまう。米軍ヤバイ」とツイッターに投稿した。初めて沖縄を訪れ、民泊で東村の暮らしを体験しようとしていたさなかの出来事。本紙取材に「正直、動揺しています」と言葉少なだった。

【動画】自宅からわずか300m。住民が撮影したヘリ炎上の瞬間

 生徒が民泊先に入った電話で墜落を知ったのは午後5時40分ごろ。同じ宿の同級生5人と慌てて窓の外を見ると煙が見えた。すぐさま民泊先の家主の運転で2~3分の事故現場に駆け付けたという。

5500回以上リツイート

 直後に映された動画には生徒らの「軍用機だ軍用機、なんかやばいやばい、やばいよマジで、ニュースでしか見たことない」と動揺する声が上がった。赤い炎から黒煙が勢いよく広がる様子も記録されていた。午後5時51分ごろには「ボンッ」という何かが爆発したような音も聞こえたという。

 生徒の動画は5500回以上リツイートされ、報道各社の取材も殺到。生徒は「那覇空港から東村に着くまでに軍事基地が多いと思ってはいたけど、まさかこんなことがあるなんて。怖いというより、ただただびっくりしている」と困惑した様子で語った。

最終更新:10/13(金) 18:30
沖縄タイムス