ここから本文です

千人が田辺を巡る 和歌山市からツアー

10/12(木) 17:02配信

紀伊民報

 9月下旬から11日までの計5日間で、和歌山市から計約千人が田辺市の南方熊楠顕彰館や闘鶏神社などを訪れた。

 訪れたのは和歌山市老人クラブ連合会の日帰りツアー。毎年2回ツアーを企画しており、今回は、生誕150周年を迎えた熊楠が暮らしていたことや闘鶏神社が昨秋に世界遺産に追加登録され、話題となっていることから、和歌山県内を再発見しようと田辺市を訪れた。

 11日には366人が9班に分かれ、田辺観光ボランティアガイドの会の案内で街中を歩いて巡った。

 顕彰館では熊楠が残した蔵書や資料などの展示物を見学。闘鶏神社では本殿に参拝し、ガイドの会の語り部から神社の由来や田辺が生誕地と伝わる武蔵坊弁慶についての説明を聞いた。

最終更新:10/12(木) 17:02
紀伊民報