ここから本文です

2戦4発のU-17フランス9番グイリ「満足」、対峙したDF菅原は手応えも

10/12(木) 10:16配信

ゲキサカ

[10.11 U-17W杯インド2017 E組第2戦 日本1-2フランス]

 U-17フランス代表の9番FWアミン・グイリ(リヨン)は2得点の活躍。2試合4ゴールと波に乗っている。試合後、ミックスゾーンに姿を見せたグイリは「満足している。日本にゴール近くで仕事をさせなかった」と振り返った。

 日本は立ち上がりからフランスの“大砲”に苦戦し、前半13分、カウンターからグイリがDF馬場晴也(東京Vユース)を振り切ってそのままエリア内に進入。右足を振り抜くと、至近距離でGK谷晃生(G大阪ユース)が右足にぶつけて防いだボールはそのままネットに吸い込まれた。後半26分にも7番MFヤシン・アドゥリ(パリSG)とのワンツーで鮮やかに崩したグイリが連続ゴールを沈めた。

「序盤から攻撃の個のスピード、1対1の強さに対応できなかった。攻撃してボールを失ってからのスピードの速さはかなり脅威だった」とは森山佳郎監督の言葉。1トップのグイリに対して最終ラインは枚数が足りていたが、スピードに乗った突破を抑えられず、得点源を封じることはできなかった。

 グイリとは2年前、U-15時代に対戦済み(3-2)。特徴を理解していたDF小林友希(神戸U-18)は圧倒されたという感覚以上に、「組織の守備のところでうまく自分たちが機能できなかったことで、相手の個の能力をより発揮させてしまった」とディフェンスに連動性を欠いたことを悔やんだ。

 右サイドバックで先発した菅原は後半開始からセンターバックにシフト。後半は1トップのグイリとマッチアップしたことで「手応えも感じた」と胸を張る。「2得点やられてしまったけど、個人としては止められた部分はあった」。フランス戦の収穫、課題はこの先の戦いに生かし、まずはニューカレドニに勝って決勝トーナメント進出を決める。

最終更新:10/12(木) 11:46
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合