ここから本文です

かわいい子グマ、成長したら300キロのツキノワグマ 当局が押収

10/12(木) 19:05配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国・雲南省(Yunnan)寧洱県(Ninger)森林公安局がこのほど、国家2級野生保護動物のツキノワグマを違法で飼育していた男を摘発し、飼育されていたツキノワグマを押収した。同局がCNSの取材に対し明らかにした。このツキノワグマは300キロ近くあり、野生動物収容救助センターに収容されて手当を受けているという。 

 寧洱県森林公安局の警官がSNSのタイムラインで、同県らしき場所でツキノワグマを飼育している動画を発見。同局が詳しく調べたところ、寧洱鎮新塘村(Xintang)大沙堰(Dashaba)付近で違法にツキノワグマを飼育している情報をキャッチした。同森林公安局は現場に急行して調査を行い、ある農家が運営する養殖場内でおりの中にいたツキノワグマ1頭を発見した。

 調べによると、このツキノワグマは2003年、王氏が孟連県(Menglian)モウ阿口岸(Mengakouan)の定期市で購入したとされる。当時はまだ子グマだったので、購入者は靴の空き箱に入れて持ち帰ったという。王氏はこの子グマをとても気に入り、ペットのように飼育していたというが、子グマは日に日に大きく育っていき、野性味も露わになってきたことから、王氏は特製の鉄のおりにツキノワグマを閉じ込め、警察に見つかるまでの14年間にわたり飼育していたという。

  専門機関の鑑定によると、このクマはツキノワグマで、中国では国家2級野生保護動物として認定されている。「雲南省陸生野生動物保護条例」の関連規定によると、繁殖飼育許可証を所持せずに野生動物を繁殖・育成する行為は違法にあたるため、森林公安局は法にもとづき王氏の違法飼育したツキノワグマを押収した。

 長い間人工的に飼育されていたので、すでに野生で生存するための能力を失っている。さらに、森林公安局にも保護するための飼育環境にもないことから、プーアル市(Puer)の野生動物収容救助センターに依頼し、専門家が麻酔を使用して同センターまで搬送した。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。