ここから本文です

浅草のもうひとつの顔「革のまち」を楽しむ3日間! 革デザイナー案内ツアーや工場見学まで/東京

10/12(木) 14:40配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュースvol.2218

10月20日(金)~10月22日(日)、東京・浅草にて〈革とモノづくりの祭典 浅草エーラウンド2017秋〉が開催されます。

【写真で見る】浅草のもうひとつの顔「革のまち」を楽しむ3日間! 革デザイナーの浅草案内ツアーや工場見学まで〈浅草エーラウンド2017秋〉/東京

浅草・奥浅草一帯は、明治維新の頃から続く「革のまち」。エリア内には、2010年にオープンした〈吉田カバン創業者 吉田吉蔵記念館〉や革小物の問屋に工房、お店がたくさんあります。

じつは奥浅草エリアは、革靴の生産出荷額が日本一なのだそう。浅草エーラウンドは「そんな浅草の意外な一面を、楽しみながら知ってほしい」と、地域の方たちが中心となって2013年に始めたイベント。

舞台となるのは浅草・奥浅草エリアの革関連業の工場や工房、飲食店、雑貨店、隅田公園。普段はなかなか入れない革問屋や製靴工場、地域のお店を訪ね、お買いものやワークショップ、見学などが楽しめます。

メイン会場となる山谷堀広場(隅田公園内)ではエーラウンドマーケットを開催。革素材から下町グルメまで40のブースが並びます。また、〈彩雲打奏 ななしき〉や〈富士小学校吹奏楽部〉〈WAIWAI STEEL BAND〉による音楽イベントも。

まち歩きを楽しみたい方には、 デザイナーなどの業界通が案内するツアーがおすすめ。

靴ジャーナリストといく〈スコッチグレインの革靴ができるまで〉や、靴デザイナーといく〈靴ができるまで〉、ものづくり体験も工場見学も楽しめる〈クラフトラリーで革のキーチェーンをつくろう〉、ジビエ革ブランドのデザイナーといく〈道具・ 材料お探し〉藍染体験つきの自転車でいく〈ディープスポット巡り〉など11のツアーが用意されています。

ユニークなのは、問屋さんへの入り口も用意されていること。まちなかやマーケットで、20軒近くの問屋さんが道具や材料を紹介してくれます。個人作家の方にはうれしいですね!

また、今年は夜の浅草を楽しめる〈浅夜市夜 Senyaichiya ~肉祭り~〉や、飲食店10店がギャラリーになる〈エーラウンド presents LOOP〉も同時開催。子どもから大人まで楽しめます。

また、本イベントではものづくりに携わる企業とクリエイターを応援。エーラウンドマーケットに求人ブースが登場し、求人情報を公開します。ブースでは求人ソムリエがものづくりや革関連の仕事に携わりたい方と企業をマッチングしてくれるそう。ものづくりの仕事に興味がある方はぜひチェックを!

information
革とモノづくりの祭典 浅草エーラウンド2017秋
開催日:2017年10月20日(金)~22日(日)
時間:10:00~18:00(最終日は17:00まで)※エーラウンドマーケットは初日のみ20時まで
会場:浅草・奥浅草エリア、メイン会場は山谷堀広場
住所:山谷堀広場 東京都台東区浅草7-1-22 隅田公園内
アクセス:山谷堀広場 浅草駅から徒歩10分/台東区循環バス「北めぐりん」浅草駅から3分「リバーサイドスポーツセンター前」下車すぐ
電話:03-3873-6564
主催:エーラウンド実行委員会
Web:浅草エーラウンド2017秋


writer profile
Yu Miyakoshi
宮越裕生
みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。