ここから本文です

松山市長、台北と交流協定延長 18年から3年間

10/12(木) 9:21配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県松山市の野志克仁市長は11日の定例会見で2017年末に期限を迎える台湾・台北市との友好交流協定を3年間延長すると発表した。県と連携して定期便就航を目指すとも述べ、20年の東京五輪に向けては「野球やソフトボールのキャンプを松山でとお願いしており、スポーツ面での交流もできれば」とした。

愛媛新聞社

最終更新:10/13(金) 12:10
愛媛新聞ONLINE