ここから本文です

ファーストリテイリング:今期営業利益予想は13%増の2000億円-市場予想1955億円

10/12(木) 15:11配信

Bloomberg

衣料ブランド「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、今期(2018年8月期)の営業利益が前期(17年8月)比13%増の2000億円になる見通しだと発表した。中国や東南アジア、オセアニア地区など海外のユニクロ事業で大幅な増収増益を見込む。

ブルームバーグが集計したアナリスト15人の事前予想平均1955億円を上回る。同社の12日の決算発表資料によると、純利益予想は前期比0.6%増の1200億円となる見込みで、アナリスト予想1171億円を上回る。売上高は10%増の2兆500億円と予想している。

海外ユニクロ事業の売上高は今期初めて国内ユニクロ事業を上回り、営業利益は国内事業の水準に迫ると予想。タイやマレーシア、フィリピン、インドネシアなど東南アジアの人口が多い国を中心に海外で出店ペースを加速する。国内のユニクロ事業でも増収増益を見込んでおり、既存店で増収となるほか、ネット通販でも約30%の増収になると予想している。

柳井正会長兼社長は都内で会見し「それぞれの国で生活習慣や文化、好みの色など異なる価値観がある」とし、各地域に合ったビジネスを展開する考えを示した。

前期の営業利益は前の期比39%増の1764億円、売上高は4.2%増の1兆8619億円、純利益は約2.5倍増の1193億円だった。値引きを抑制する戦略に転換したことや経費削減により、海外ユニクロ事業で営業利益がほぼ倍増となったことが寄与した。また、セオリーなどグローバルブランド事業の増益も貢献した。

柳井会長のコメントを第4段落に追加して更新します.

Grace Huang, Lisa Du

最終更新:10/12(木) 17:07
Bloomberg