ここから本文です

ツアー通算7勝の伯父がスイングをチェック!アマチュアの今野大喜が5位タイ発進

10/13(金) 7:16配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<日本オープンゴルフ選手権 初日◇12日◇岐阜関カントリー倶楽部 東コース(7,180ヤード・パー70>

【関連】石川遼セレクション!自身のベストスイングを連続写真でチェック

今大会の開催地、岐阜出身のアマチュア今野大喜(日本大学3年)が初日に4バーディ・1ボギーの“67”をマーク。3アンダーで首位と3打差の5位タイと好スタートを切った。

今野は難関の10番でバーディ発進。「一番難しいホールだと思っていた」というスタートホールで「思い通りの球が打てた」ことで、1日流れが良く回れたという。目標は1アンダーだったので、「今日は上出来です」と笑顔。この岐阜関CCは、2009年に初めて出たジュニアの大会が行われた場所。同年に日本女子プロ選手権が開催され、「すごくラフが長くて、なんだこのコースはと思いながらやってました。結果はたぶん100ちょい打ったと思います」と、忘れられない思い出も。

それからは練習などでも使用させてもらったりと、ここは「思い入れのあるコース」。日本オープンの開催が決まってからは、「ここで成績を出すことを目標にやってきました。まず初日良かったです」と、好スタートを喜んでいた。

今野の伯父は、ツアー通算7勝の今野康晴。この大会が近づくにつれて頻繁に連絡を取り合うようになり、「LINEだったり、動画を送って」スイングのチェックを頼んできた。夏ぐらいは好調だったが、最近は調子を落としたこともあり、「ダメ出しばかり」されていたという。それでも、様々なアドバイスや基礎的な練習の徹底など納得して行えるもので、「(伯父が)40歳すぎまでシードを持っていた基礎というか、その場だけではないものに繋がっていると思う」と、伯父のおかげで技量は上がってきていると感じられているようだ。

伯父は95年のこの大会でローアマを獲得。自身も、「日本オープンのローアマは獲っておきたいタイトルの1つ」とキッパリ。地元の縁のあるコースで開催されている日本オープンで、その目標を達成できるか。「しぶとく、自分ができることを無理せずに集中してやっていきたい」と、抱負を力強く話した。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>