ここから本文です

【中国】世界かんがい遺産に3施設、寧夏など

10/13(金) 11:30配信

NNA

 国際かんがい排水委員会(ICID)は10日、歴史的価値のある農業用水利施設を登録する「世界かんがい施設遺産」に中国から寧夏引黄古灌区など3施設を選んだ。中国新聞社電などが11日伝えた。
 今年選ばれたのは寧夏引黄古灌区、陝西漢中三堰、福建黄鞠灌漑工程の3施設。うち寧夏引黄古灌区は2000年以上前に建設されたもので、地形の高低差を利用して黄河の水を効率的に活用。周辺地区の人口増などに貢献したという。
 世界かんがい遺産の登録は優れた施設の保存を目指して2014年に始まり、今年で4回目の選定。中国の登録数は今年の3施設を合わせて13施設となった。

最終更新:10/13(金) 11:30
NNA