ここから本文です

浅田真央さん、ホノルルマラソン出場「楽しみ」=幼少期は「やんちゃな女の子だった」

10/13(金) 0:53配信

時事通信

 フィギュアスケートの元世界女王で4月に現役を引退した浅田真央さんが12日、東京都内で行われたロッテ「キシリトールガム」発売20周年記念プロジェクトの発表会に出席した。12月10日開催の米ホノルルマラソンへの出場が決まった浅田さんは、「チャレンジできることがうれしい。一つの目標がかなうので、すごく楽しみ」と心境を語った。

〔写真特集〕浅田真央さん~ホノルルマラソン出場に意欲~

 「もともと走るのが大好き。現役時代も走っていた」という浅田さん。ただ、「長距離になると次の日の練習に影響が出るので、あまり走ることはなかった」そうで、「引退したら1回は走りたいとずっと思っていた」と明かした。

 また、「(現役時代に)ずっと目標を持ってチャレンジしてきたからこそ、何かにチャレンジすることが好きなんだと改めて思う」とコメントすると、「42.195キロはすごく長いので、ガムを食べてリラックスしながら走れたら」と、イベントの趣旨に絡めて意気込みを表現した。

 一方、浅田さんはイベント中、「リンクの外ではどんな子供だった?」との質問を受けた。これに対し、「クラシックバレエやジャズダンス、ピアノなど、いろんな習い事をしていた」と振り返り、「やんちゃな女の子だったので、塾に行ってもお姉ちゃんの邪魔ばかりしていた」と話していた。

最終更新:10/13(金) 2:02
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ