ここから本文です

(安倍政治その先 2017衆院選:2)憲法とは、試される主権者

10/13(金) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 安倍晋三首相(自民党総裁)は悲願である憲法改正を党の公約に掲げ、総選挙に挑む。しかし、憲法改正ありきで、憲法を変えるとはどういうことかという基本が置き去りにされている。権力を縛るという憲法の性格に照らし、改憲の中身をどう考えるか。主権者である国民一人ひとりの力が試される時代を迎える。

 ■なぜいま、改憲が自己目的化
 安倍晋三・自民党総裁「憲法について変えるといった瞬間にものすごい風圧で、バッシングになった。それを恐れてきた70年。私たちの世代で終止符を打つのが私たちの責任だ」(8日、インターネットテレビ番組)
     *
 安倍氏の言葉からは高揚感が伝わってくる。……本文:3,544文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:10/13(金) 12:30
朝日新聞デジタル

Yahoo!ニュースからのお知らせ