ここから本文です

吉川晃司、劇場版「マジンガーZ」エンディングテーマを全力で制作

10/13(金) 9:01配信

音楽ナタリー

2018年1月13日より映画「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」が全国の劇場にて上映される。この映画のエンディングテーマを吉川晃司が手がけることが明らかになった。

【写真】吉川晃司(他3枚)

搭乗型巨大ロボットアニメの元祖として知られる「マジンガーZ」。「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」は「マジンガーZ」の原作者であるマンガ家・永井豪が画業50周年を迎えることを記念して制作された。

永井をはじめ、この映画の監督やプロデューサーは「マジンガーZ」が持つ力強さと吉川の歌声に親和性を感じ、本作の世界観のイメージともマッチすることから吉川にエンディングテーマをオファー。リアルタイムで「マジンガーZ」を観て育ち、同作のファンだったという吉川はそのオファーを快諾し、新曲「The Last Letter」を書き下ろした。彼は、主人公の兜甲児と「マジンガーZ」に思いを馳せ、ロボットとパイロットの域を超えた絆や哀愁をイメージしてエンディングテーマを制作。この楽曲について「自分の持てる力は全て出しました」とコメントしている。

吉川晃司 コメント
(お話しをいただいた時)とても嬉しい反面、身を引き締めて臨まねば、という思いで自分の持てる力は全て出しました。マジンガーZを見て、大いに影響されて育ったガキも50を越え、彼らと同じように生きてきたこの道のりや、マジンガーZと(主人公)兜甲児が今復活したらこんな話をするんだろうな、マジンガーZを一人の男として捉え、二人の会話や、二人肩を並べて空を見ている背中、そんな情景を想いながら彼らの男の哀愁や生き様を描きました。

永井豪 コメント
昔の作品(オリジナルのマジンガーZ)に夢中になった世代の方々が、良い時代のことを思い出せるような、ハートに染み入るとても素敵な曲です。ありがとうございます

(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

最終更新:10/13(金) 9:01
音楽ナタリー