ここから本文です

<Mr.ミリタリー>米空母が韓半島に集結すれば「軍事オプション」の兆候(1)

10/13(金) 10:18配信

中央日報日本語版

北朝鮮核危機に対抗してトランプ米大統領が4日に「嵐の前の静けさ」発言をした後、韓半島(朝鮮半島)に緊張感が漂っている。米国は嵐の威力を強めるために空母を韓半島に送って訓練している。これに対して英国も韓半島危機には最新の空母を早期派遣するという立場だ。米国が北朝鮮に対して軍事オプションを実施する信号弾は空母の動きとなる。サッカーボールを追うよりも相手選手の足を見ろというのと同じだ。その足が空母だ。

これまでの北朝鮮の核・ミサイル挑発過程をみると、今年末の危機がピークになると予想される。北朝鮮はその頃に核兵器を生産する見込みだ。トランプ大統領が軍事オプションを実行に移す場合、米空母勢力も同じ時期に韓半島に集結することになる。米国が北核危機に空母を動員するのは空母打撃群(CSG=Carrier Strike Group)の戦闘力が非常に強力であるからだ。9日に東海(トンヘ、日本名・日本海)上空を通過したB-1B準ステルス型戦略爆撃機もあるが、大規模な作戦を駆使できる手段はやはり空母打撃群だ。米国は普段は韓半島海域を米第7艦隊に所属する1個の空母打撃群で対応してきた。米第7艦隊所属の「ロナルド・レーガン」は9日、沖縄沖で給油艦「ジョン・エリクソン」と訓練を行った。今月末には韓国海軍と対北朝鮮牽制をする見込みだ。しかし北核事態が深刻になる中、「レーガン」(10万トン)の空母打撃群に加えて今年4-5月には「カール・ビンソン」と「ニミッツ」で構成された空母打撃群2個を追加で割り当てた。6日には米カリフォルニア州サンディエゴにあった空母「ルーズベルト」を東アジアに向けて出港させた。「ルーズベルト」のホームページによると、この空母は韓半島を担当する第7艦隊とアフリカを担当する第5艦隊のために準備してきたという。「ルーズベルト」は基本的にインドとアフリカに対する警戒任務をするが、韓半島に状況が発生すれば直ちに投入される可能性があるということだ。

トランプ大統領が韓半島核危機に対応して任務を与えた空母打撃群は「1(「レーガン」)+3」の計4個。米海軍が保有する9個の空母打撃群の半分に近い。米国は11隻の空母を保有するが、空母打撃群は9個だ。韓半島有事に増援される米戦闘力の「時差別展開目録(TPFDD)」によると、戦時に動員される空母打撃群は4、5個という。ここに英国の新型空母「クイーン・エリザベス」(7万トン)まで加えれば、韓半島に投入される空母は計5隻に増える。2003年のイラク戦争では5隻の米空母が動員された。1950年の韓国戦争(朝鮮戦争)には16隻の空母を送った。韓国戦争は全面戦争状況だったが、もし米国が軍事オプションを施行すれば、北朝鮮の核施設とミサイルだけを除去する局地戦に制限するとみられる。したがって空母打撃群は基本的には北朝鮮の核・ミサイル除去または「斬首作戦」に投入されるが、北朝鮮が全面戦争に拡大するのを抑止する役割もする。また、軍事オプションの前に北朝鮮に対する海上封鎖やミサイル発射禁止を施行する場合、これを支える基盤戦闘力にもなる。

軍事オプションの核心手段である空母打撃群は空母を旗艦に7-8隻以上の艦艇で構成される。空母のほかにも4隻のイージス艦と2隻の原子力潜水艦、支援艦が伴う。空母「レーガン」が主軸の第5空母打撃群はイージス艦だけでも10隻にのぼる。残り3個の空母打撃群まで含めると、空母4隻にイージス艦25隻、状況によって原子力潜水艦8隻など40隻近い超大型海上戦力となる。これらイージス艦ごとにトマホーク巡航ミサイルが50-80発ほど搭載されるため、トマホークだけでも全体で約1500発にのぼる。トマホークは2500キロも飛行するが命中誤差は3メートル以内と非常に正確だ。米海軍が保有する3隻のトマホーク専用原子力潜水艦にもそれぞれ154発のトマホークが搭載されている。これをすべて合わせると2000発のトマホークを同時多発的に発射できるという計算になる。この程度なら北朝鮮の核施設とミサイル基地をはじめ、重要防空ミサイルとレーダーを一気に破壊するのに十分だ。イラク戦争では計802発のトマホークが発射された。「衝撃と恐怖」の核心だった。

最終更新:10/13(金) 10:18
中央日報日本語版