ここから本文です

〔東京外為〕ドル、112円台前半=調整売りで上値重い(13日午後3時)

10/13(金) 15:30配信

時事通信

 13日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、調整売りで上値が重い中、1ドル=112円台前半で推移している。午後3時現在、112円09~10銭と前日(午後5時、112円22~23銭)比13銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、112円20銭台で推移した。午前9時以降は、一時緩む場面もあったが、仲値に向けては実需筋の買いもみられ、112円20銭台に浮上。午前11時すぎには調整売りに下げ足を速め、112円付近に反落した。正午に向けては持ち直し、午後に入って112円20銭近くまで戻したが、中盤以降は再び調整売りに押された。
 日経平均株価は堅調に推移したが、「ドル円は株価との相関は薄く、調整売りに押されがちになっている」(為替ブローカー)という。もっとも、今夜の米物価統計などの発表を控えて積極的に売る状況にもなく、「112円前後を下値にもみ合いが続くのではないか」(FX業者)とみられている。
 ユーロは対円はもみ合い。対ドルは小高い。午後3時現在、1ユーロ=132円79~80銭(前日午後5時、133円17~18銭)、対ドルでは1.1846~1846ドル(同1.1866~1866ドル)。

最終更新:10/13(金) 17:27
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ