ここから本文です

“中国THAAD報復”ロッテマート、今年8月までの売上高7500億ウォン減少=韓国

10/13(金) 11:35配信

WoW!Korea

ロッテマートの今年8月までの売上高が中国のTHAAD(サード、高高度防衛ミサイル)の影響で約7500億ウォン(約744億円)減少したことがわかった。

 期間を今年1年に増やす場合、被害規模は約1兆ウォンを超えるものと予想された。

 13日、キム・スミン国民の党議員室によると産業通商資源部国政監査を控えて、ロッテマートが国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会に提出した資料にはTHAAD報復による被害規模と予想金額が含まれている。

 全体売上高は今年1月から8月まで、前年同期より7500億ウォン急減。 同期間の営業利益は800億ウォンがさらに減り、赤字幅が拡大した。

 ロッテが推定した今年1年の売上減少額は1兆2250億ウォンに達した。 営業利益は前年比1200億ウォン減少するものと予想した。

 マートだけでなく免税店も赤字を記録した。 ロッテ免税店は中国人顧客の急減で、今年第2四半期だけで298億ウォンの赤字を記録した。

最終更新:10/13(金) 11:35
WoW!Korea