ここから本文です

農家の収益を3割改善するアプリがハードへ進化

10/13(金) 17:30配信

アスキー

札幌駅近くで開催された「No Maps Trade Show 2017」のレポートとして、北海道発の注目スタートアップをピックアップ。

 北海道発のアグリテックベンチャーが、ハードへの挑戦を進めている。
 
 「先端テクノロジーや新しいアイディアを軸としたビジネスコンテンツ」が凝縮されたNo Maps。札幌駅近くのACU-Yにて開催された「No Maps Trade Show 2017」のレポートとして、北海道発の注目スタートアップをピックアップする。
 
 農業情報設計社は、帯広を本拠に「AgriBus-NAVI(アグリバスナビ)」という農業用カーナビアプリを中心に事業を展開している。
 
 AgriBus-NAVIは広い畑や田んぼでの農作業時にトラクターを真っ直ぐ・等間隔に運転して効率の良い作業をアシストしてくれる、農家のためのトラクター運転支援アプリだ。投入することで、肥料や薬剤、燃料を低減し、農業生産の収益向上に貢献する。
 
 農業情報設計社の濱田安之代表取締役CEOによれば、アプリの導入によって、5~10%ほど、肥料面でのコストが安くなるという。トラクターを使うような畑作農家にとって、このコスト改善は収益に直結する分野であり、アプリ導入によって3割ほどの手取り収益改善が見込めるという。
 
 使い方は非常にシンプル。GPSと連携したタブレット画面表示を見ながらトラクター操作をすることで広い圃場(田畑)内でもまっすぐ等間隔に作業ができる。
 
 さらに、圃場情報、作業履歴、機械の調子なども自動記録しクラウド上に保存、閲覧ができる。緯度経度以外にも高度測位も行なうことで、畑のメンテナンス改善=収穫改善につなげるようなデータが提供されている。
 
 リリース時は農家の間の口コミであっという間にグローバルレベルで広がり、アプリ上での走行距離は月に3万9000キロにもなっている。ファーミングとGPSのニーズは相当高いようだ。
 
 もともと濱田代表は10年前、自動運転のトラクターを開発していた経験を持つ。畑における自動運転は、通常の自動車などに比べれば容易だが、重要なのは経路の部分となる。「種まきを目視のみで行なうのは難しく、前後を常に見ながら、周囲にある木など基準に目測でしか測れなかった。(ベンチャーとして)アプリから入ったのは、人間が楽にできる技術が出てきたことから」(濱田氏)
 
 計測にはタブレットのGPSを利用しているが、精度を上げることでより分析できるデータも精細となる。そのため、現在はハード進出のための開発を進めており、そのプロトタイプが展示されていた。GPSについても、1万円か30万円かの2択しかないため、中間層でのニーズに応えるつもりだという。
 
 アプリとしてはすでにリリースから3年半が経過し、技術的には熟成している。ハードウェア以外にアライアンスなども進んでおり、大手メーカーとの共同開発中も進んでいるという。
 
 濱田代表によれば、全世界的にトラクターなどの農機具は、これから先全自動で動くものになる見込みで、現在はその過渡期にある。マーケットとしては世界市場を狙う同社の今後が楽しみだ。
 
 
文● 北島幹雄/ASCII STARTUP

最終更新:10/16(月) 13:22
アスキー