ここから本文です

【侍ジャパン】稲葉監督が韓国・宣監督らとホメ殺し合戦

10/13(金) 16:34配信

東スポWeb

「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日・東京ドーム)に出場する3か国(日本、韓国、台湾)の代表監督が12日、都内で会見を行った。

 日本の稲葉篤紀監督(45)は「(現役時代に日本でプレーした経験を持つ)宣監督は現役時代全然打てませんでしたが、ここで戦えることをうれしく思います」と、かつて中日の守護神として活躍した韓国の宣銅烈監督(54)に敬意を表した。

 一方、宣監督も「日本は投手のコントロールがよく、打者も能力がある。きめ細かい野球をします」とヨイショし返すと、台湾の洪一中監督(56)は「大変厳しい試合になると思う。(日本も韓国も)どちらもレベルが高いですから」と両国を警戒。“ホメ殺し”で互いの腹を探り合う顔合わせとなった。

 就任当初から「東京五輪での金メダル獲得」を目標に掲げている稲葉監督も「そのときに中核となることが期待されるメンバーに自信と期待を植えつける大会にしたい」と熱い口調で語るなど、各国の本気度が垣間見えた。

最終更新:10/13(金) 16:34
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ