ここから本文です

iPhone 7/7 Plusが買い取りランキング上位に ゲオ8月編

10/13(金) 6:10配信

ITmedia Mobile

 ゲオ店舗で取り扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、SIMロックフリーの4ジャンルごとにお届けする。今回は2017年8月1日~31日に集計されたランキングを紹介する。価格はいずれも税込。

「iPhone 5s」(左)と「iPhone 6」(右)

 ゲオでは良品と、多少の傷ありで別々に価格を出しており、ランキングはどちらの価格も掲載している。ただし傷ありには、液晶が割れているなどのジャンク品は含まない。価格は端末の状態によって変動するので、あくまで目安として参考にしてほしい。また、iPhoneの価格は一番容量の大きいモデルのものを記載している。

 販売、買い取りともに「iPhone 5s」と「iPhone 6」が人気だが、KDDIの買い取りは「iPhone 7」が2位に上昇(7月3位)。iPhone 7はドコモが3位(7月4位)、ソフトバンクが4位(7月5位)にランクアップしている。iPhone 7 Plusの買い取りも、ドコモは6位(7月10位)、KDDIも6位(7月6位)、ソフトバンクは4位(7月5位)と上位に付けている。

 9月に発売された(8月当時は発売予定だった)「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」、または11月に発売予定の「iPhone X」への乗り換えを検討している人が多かったことがうかがえる。

 人気のiPhone 5sと6の販売価格は7月と同じだが、買い取り価格は微妙に変動している。例えばドコモのiPhone 5sは1万円から1万1000円に上がった一方で、iPhone 6は1万7000円から1万4000円に下がった。KDDIのiPhone 5sは8500円から9500円に上がり、iPhone 6は1万5000円から1万2000円に下がった。ソフトバンクのiPhone 5sは8000円で変わらず、iPhone 6は1万3000円から1万1000円に下がった。5sは今が売り時なのかもしれない。

ここまで紹介した販売、買取価格はいずれも良品。

最終更新:10/13(金) 6:10
ITmedia Mobile