ここから本文です

V逸巨人に更なる衝撃 ミサイル危機でグアム自主トレに「待った」

10/13(金) 16:34配信

東スポWeb

 V逸巨人を“ミサイル危機”が直撃だ。球団が選手に対し、今オフのグアム自主トレ自粛要請を検討していることが12日までに分かった。阿部慎之助内野手(38)や坂本勇人内野手(28)ら多くの主力が毎年、同島で自主トレを行っているが、北朝鮮情勢の緊張が高まっており、行き先変更も含め対応を迫られている。

 原因は悪化している米朝関係。ミサイル発射による挑発を繰り返している北朝鮮は、8月に入りグアム周辺への包囲射撃を検討していると公表した。計画は実行されていないが、北朝鮮は同月29日に日本の北海道上空を通過する中距離弾道ミサイルを発射。約3400キロ離れたグアム島を射程に入れていることを示した。

 現在も情勢に変化はないことから、球団は選手のグアム行きを不安視している模様。「まだ正式に『ダメだ』という通達があったわけではないようですが、8割方許可しない方針とか。慎之助たちグアム組は困っているようです」(チームスタッフ)

 常夏のグアムはキャンプ前に体をつくるうえで適しており、巨人では多くの選手が自主トレを行ってきた。その筆頭格が阿部で、昨オフは小林誠を連れて現地で熱血指導。他にも坂本、長野、森福ら主力が若手を連れて年明けからトレーニングを積んできた。

 練習場所や宿泊先、スタッフの確保など、海外での自主トレ準備は例年半年前から開始する。阿部も夏場からミサイル問題への不安を口にしてはいたが、今年も現地へ向かう予定でいた。それだけに球団方針には困惑しているようだ。「(正式にダメと)決まってからでは間に合わない」と、他の選手たちも慌てて新たな自主トレ先を探し始めているという。

 実際にグアムへ向けミサイルが発射されるようなことがあれば、大変な事態となる。球団としては、選手の身の安全を第一に考えているということなのだろうが…。まさかの国際問題に巨人が振り回されている。

最終更新:10/13(金) 16:34
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/24(金) 13:05