ここから本文です

サンチェスとエジルは1月に退団?...ヴェンゲル、両スター選手の去就をほのめかす

10/13(金) 5:59配信

GOAL

アーセン・ヴェンゲル監督は、アレクシス・サンチェスとメスト・エジルが来年1月にアーセナルから退団する可能性も少なからずあると語っている。

アーセナルとの契約が最終年に突入したA・サンチェスとエジルだが、依然として契約延長に至っおらず、さまざまなビッグクラブが両選手の動向を伺っている。特にチリ代表FWは、アーセナル首脳陣に新契約を締結するつもりがないことをはっきりとさせたようで、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンへの移籍が現実味を帯びてきた。

一方のエジルは、バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられているものの、ロンドンでの生活に満足していると公言しており、同選手の代理人もクラブとの交渉は順調に進んでいると明かしていた。しかし、チームを率いるフランス人指揮官は冬の移籍市場でアーセナルは2人のスター選手を失う可能性があると考えているようだ。

ヴェンゲル監督は、14日に控えるワトフォード戦前の会見で「全てのことが起きる可能性を想定している」と1月にサンチェスやエジルがアーセナルから退団かもしれないと認めた。

続けて、エジルの将来について問われた同指揮官は「彼が残留を望んでいると私は理解している。事態は好転する可能性だってあるが、現状では何かを発表できるほどではない」と依然としてドイツ代表MFの去就は決まっていないものの、クラブに残る可能性もあると語っている。

GOAL

最終更新:10/13(金) 6:00
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

Yahoo!ニュースからのお知らせ