ここから本文です

ジャガー XJ、2018年モデルの受注を開始…高性能モデル XJR575 追加設定

10/13(金) 19:30配信

レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのラグジュアリーサルーン『XJ』2018年モデルの受注を10月13日より開始した。

[関連写真]

XJ 2018年モデルでは、従来よりも大型化した10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメントシステム「タッチプロ」にインコントロールの通信機能を備えたプロテクトを標準装備。緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できる。コネクティビティ機能も強化。通信を4G対応とし、最大8台の機器を接続できるWi-Fiホットスポットによる高速インターネット環境を提供する(オプション)。

さらに、レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープ・アシスト、ドライバーの疲れを検知するとアラートを発して休息を促すドライバー・コンディション・モニターを標準装備し、快適性や安全性をより高めている。

エンジンは、最高出力340psの3.0リットルV型6気筒スーパーチャージャーガソリンエンジンと、最高出力575psおよび510psの5.0リットルV型8気筒のスーパーチャージャーガソリンエンジンの3種類を用意。最高時速300km、0-100km/h 4.4秒を記録するハイパフォーマンスモデル「XJR575」を新たに追加し、全6機種をラインアップする。

XJR575は、内外装ともに専用のデザインを多数採用。エクステリアでは、グロスブラック仕上げのリアスポイラー、サイドシル、フロントバンパー、ローワー・エアインテーク、ツインボンネットルーバーのほか、レッドキャリパーを装着した20インチのファラロン・グロスブラックのホイール、SVO特別カラーのヴェロシティブルーとサテンコリスグレーのエクステリアカラーを選択できる。インテリアも、ソフトグレインレザーを採用し、ピメントステッチを施したエボニーもしくはエボニーステッチを施したアイボリーの2種類を用意する。

価格は1149万円から2069万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/13(金) 19:30
レスポンス