ここから本文です

鉄道博物館が10周年=さいたま市〔地域〕

10/13(金) 10:49配信

時事通信

 さいたま市の鉄道博物館が14日、開館10周年を迎える。月内を「感謝祭」として多数の記念イベントを開き、開館10周年当日は通常午前10時から午後6時までの営業時間を午後8時まで延長。JR東日本のICカード「Suica(スイカ)」のペンギンのキャラクターなども登場する。

 鉄道博物館は、JR東の創立20周年記念事業として、2007年10月14日の「鉄道の日」に開館。地上4階建ての本館には、7月に全面リニューアルした国内最大級の鉄道ジオラマ(横幅23メートル、奥行き10メートル)の他、C57型蒸気機関車など屋内外に38両を展示している。

 開館後の入館者数は3月で900万人を突破し、最近ではアジアを中心とする訪日外国人も増加。来夏には、JR東創立30周年などを記念し工事中の新館が開館予定だ。

 10月は来館日に誕生日を迎える10歳の子どもは入館無料。14日はJR東が運行する新幹線をデザインしたタオルハンカチやボールペンなどのオリジナル商品も販売し、10周年を盛り上げる。 

最終更新:10/13(金) 11:45
時事通信