ここから本文です

川井梨紗子“沙保里の敵討ち”マルーリスへの刺客に指名

10/13(金) 7:05配信

スポーツ報知

 レスリング女子の日本代表合宿が12日、都内で行われた。リオ五輪63キロ級金メダルで、8月の世界選手権60キロ級女王の川井梨紗子(22)=ジャパンビバレッジ=が来年以降“沙保里の敵討ち”に乗り込む可能性が浮上した。

 リオ五輪53キロ級で吉田沙保里(35)の4連覇を阻んだヘレン・マルーリス(26)=米国=も、世界選手権58キロ級5試合全てテクニカルフォール勝ちで優勝した。来年1月から導入される新階級で、川井は57キロ級と62キロ級で悩んでおり、マルーリスは57キロ級が有力。栄和人監督は「日本で一番強いやつで、挑戦状を突きつけたい」と刺客に指名した。

 東京五輪へ向けて妹の友香子(20)と階級がかぶらないように慎重に結論を出す意向だが、川井は「戦ってみたい気持ちはある。実際肌を合わせたことはないので知り切れていないけど、勝つイメージはできている」と言い切った。(高木 恵)

最終更新:10/13(金) 7:05
スポーツ報知