ここから本文です

ニチコン、ポータブル蓄電装置を発売 設置工事不要

10/13(金) 21:30配信

京都新聞

 ニチコンは、店舗やマンション向けに小型で軽量のポータブル蓄電システムを開発した。12月に発売する。停電時の手頃なバックアップ電源としての需要を見込む。
 容量は2キロワット時で、サイズは幅25センチ、高さ38センチ、長さ55センチ。設置工事が不要で、小規模な小売店やオフィス、公民館、マンションでの用途を想定する。
 計800ワットの出力で最長2時間半、連続使用できる。タイマー機能も備え、電気を最も使う時間帯に放電すれば電力消費のピークを抑えられるという。価格は税抜き55万円。
 ニチコンは2012年に家庭用の据え置き型蓄電システムを初出荷し、これまでに約4万台を販売した。災害時の非常用電源でも蓄電池のニーズが高まっているため、製品展開をポータブル型に広げる。

最終更新:10/13(金) 21:30
京都新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ