ここから本文です

秋田の「イチジク」専門レシピ集が好評 市内在住の女性2人組が制作 /秋田

10/13(金) 16:11配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 イチジクのレシピのみを集めた冊子「いちじくパーラー~北のいちじく11レシピ」が現在、人気を集めている。(秋田経済新聞)

秋田など東北地方の家庭で作られる「イチジクの甘露煮」

 レシピ集を制作したのは、秋田市在住のカメラマン高橋希さんと編集者の三谷葵さん。秋田県など東北地方の家庭などで広く作られる「イチジクの甘露煮」のレシピを持つ県内の60代~80代の女性5人と製造業者への取材を通じ、「レシピによって食味や食感が異なる」ことに気が付いたことから、甘露煮だけで4種のレシピとレシピごとの特長をまとめたチャート表を掲載するほか、地元飲食店の協力を得るなどし、甘露煮のアレンジメニューや乾燥イチジクを使ったオリジナルメニューなど、イチジクのレシピばかり11メニューを写真付きで紹介する。

 「生食するものばかりと思っていたイチジクを砂糖で煮込むメニューがあることに驚いた」と話す長野県出身の三谷さん。秋田市内への転居を機に知ったが、「秋田でも若い世代を中心に作り方を知らない人が多い。地域の食文化を残すきっかけにできないか」と、友人の高橋さんとレシピ集を企画した。

 10月上旬、イチジクの収穫期に合わせ、「北限のイチジク」のブランド化に取り組むにかほ市内のPRイベント会場で販売したところ、2日間で100冊を販売したほか、県外からも問い合わせを受けるなど好評だったことから、地元の書店や雑貨店など数店での取り扱いも決まった。10月14日には、高橋さんが運営する撮影スタジオで販売会も開く。

 高橋さんと三谷さんは「イチジクのレシピのみをまとめた全国的にも珍しい企画では。食文化の継承につなげられれば」と口をそろえる。

 仕様はA5判、カラー、36ページ。価格は756円(しおり付き)。ネット通販にも対応する。

みんなの経済新聞ネットワーク