ここから本文です

「かの鳥」蒼井優ら釜山映画祭へ、阿部サダヲは「絶対受け入れてもらえる」と自信

10/13(金) 12:08配信

映画ナタリー

「彼女がその名を知らない鳥たち」でダブル主演を務める蒼井優と阿部サダヲ、そして監督の白石和彌が、10月12日に韓国・釜山シネマセンターで開催された第22回釜山国際映画祭のレッドカーペットに参加した。

【写真】左から白石和彌、蒼井優、阿部サダヲ。(他4枚)

沼田まほかるの同名小説をもとにした「彼女がその名を知らない鳥たち」は、蒼井演じる十和子や、阿部扮する不潔で下劣な同棲相手・陣治らの愛を描く作品。21日まで開催される同映画祭へは、アジア映画の窓部門に出品されている。

レッドカーペットにて、釜山国際映画祭へ4度目の参加となる蒼井は「初めて参加させていただいたとき、主催の方に『釜山国際映画祭はほかの海外の映画祭より小規模で、予算も掛けられるわけではないけど、負けないのは観客の皆さんです。そこに誇りを持っています』と言われたのが印象的でした。今もこれからもずっと続く映画祭になればいいなと思っています。また観客の皆さんにこの作品を観ていただけるだけで本当にうれしいです」と述べた。

国際映画祭へ初参加となった阿部は「東京国際映画祭にも登壇したことがないんです。大阪の商店街でカーペットをひいてキャンペーンとして歩いたことはありますが、こんな正装は初めてで、本当に楽しみです! 服を汚せないから緊張するなあ」と話す。さらに本作について「韓国映画には復讐を扱った作品が多いですし、ハードなシーンがよく出てくるので、この作品も韓国の皆様に受け入れられると思います。韓国映画に登場する人物は陣治っぽいキャラクターが多いので、絶対受け入れてもらえると思う」とアピールした。

メガホンを取った白石は「観客の皆様に単純に楽しんでほしいです」とコメント。また阿部が「ホテルにウェルカムドリンクがあったので、こんなおもてなしがあるんだって感動して飲んだあと、カードを見たら『白石監督へ』と書いてあって。間違えて飲んじゃった(笑)。監督にはまだ内緒ですけどね」と裏話を披露する場面もあった。

蒼井と阿部のほか松坂桃李、竹野内豊らが出演する「彼女がその名を知らない鳥たち」は、10月28日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

※「彼女がその名を知らない鳥たち」はR15+指定作品

最終更新:10/13(金) 12:08
映画ナタリー