ここから本文です

テクマトリックス、McAfee SIEMの導入から運用監視までのワンストップサービス

10/13(金) 13:05配信

Impress Watch

 テクマトリックス株式会社は11日、マカフィーの統合ログ管理ソリューション「McAfee SIEM」に対して、あらかじめ定めた脅威シナリオを対象としてセキュリティ運用監視を提供する「TRINITYセキュリティ監視サービス for McAfee SIEM」を、ICT基盤のセキュリティ運用監視サービス「∴TRINITY」のラインアップに追加し、提供を開始した。

 「∴TRINITY」は、テクマトリックスが一次販売代理店として取り扱うセキュリティ製品を対象として、各種機能や製品連携を活用した高度なサービスの提供と、設計、構築、保守、機器運用、セキュリティ監視、活用提案までをワンストップで提供するサービス。

 McAfee SIEMは、複数のセキュリティ製品から得られる情報の一元管理や、セキュリティ機器以外のデバイスから得られるログ情報も合わせて相関関係を確認することで、セキュリティの可視性を向上させ、より価値のある情報を検出することが可能な統合ログ管理ソリューション。マカフィーが保有する世界最大規模のセキュリティインテリジェンス情報と連携し、脅威を早期に検出し調査や分析の時間を短縮することで、セキュリティの運用と管理を向上させ、インシデント対策基盤の強化にも寄与する。

 一方、こうした統合ログ管理ソリューションの導入には、対策範囲となるセキュリティデバイス数の多さ 、脅威シナリオの策定時におけるナレッジの不足、運用段階での人的リソース不足といった課題があった。

 こうした課題に対し、テクマトリックスでは、McAfee SIEMのログ収集の対象デバイスを絞り、あらかじめめテンプレート化された11の脅威シナリオに基づく相関分析ルールによる導入支援サービス「McAfee SIEM Starter Pack」により、低コスト・短期間で初期構築を実現する導入プランを提供している。

 さらに、今回リリースしたTRINITYセキュリティ監視サービス for McAfee SIEMにより、McAfee SIEMの導入から運用監視、サポートまでをワンストップで実現するソリューションを提供する。

 TRINITYセキュリティ監視サービス for McAfee SIEMのサービス費用は月額50万円から、McAfee SIEM Starter Packの費用(McAfee SIEMライセンスは除く)は500万円から。テクマトリックスでは、既存のTRINITYセキュリティ監視サービスの顧客を含め、多くの分野に提供することで、2018年度末までに30社へのサービス提供を目標とする。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:10/13(金) 13:05
Impress Watch