ここから本文です

金融緩和縮小の影響議論=G20財務相会議が開幕

10/13(金) 12:45配信

時事通信

 【ワシントン時事】日米欧に中国などの新興国を加えた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が12日夜(日本時間13日午前)、開幕した。

 初日は世界経済の動向がテーマ。米国と欧州の金融緩和縮小が市場や経済全体に及ぼす影響に加え、北朝鮮情勢などの地政学リスクについても議論した。

 会議は2日間。日本は麻生太郎財務相が衆院選のため欠席し、黒田東彦日銀総裁と浅川雅嗣財務官が出席した。開幕に先立ち、黒田氏は記者団に「世界経済は順調に成長しているが、不確実性があることも事実だ」と語り、金融市場の動向などを注視していく考えを示した。 

最終更新:10/13(金) 13:07
時事通信