ここから本文です

サイコム、第8世代Coreプロセッサを採用したBTOデスクトップ6機種を投入

10/13(金) 15:27配信

ITmedia PC USER

 サイコムはこのほど、同社製のBTOデスクトップPCのラインアップに第8世代Coreプロセッサ採用モデル計6製品を追加、10月19日13時に販売を開始する。

ケース内部の写真

 いずれもCPUとして6コア/12スレッド動作対応のCore i7-8700Kを標準搭載しているのが特徴。ラインアップは、ミドルタワー型スタンダードモデルの「Radiant GZ2700Z370」、ミニタワー型スタンダードモデルの「Radiant VX2700Z370」、スタンダードゲーミングモデルの「G-Master Spear Z370」、デュアル水冷ゲーミングモデルの「G-Master Hydro Z370」、静音性重視モデルの「Silent-Master Pro Z370」、水冷CPUクーラー導入モデルの「Aqua-Master Z370」の6タイプが投入される。

 Core i7-8700K搭載時の標準構成か価格はそれぞれ10万5230円から/10万4280円から/17万5620円から/22万8830円から/16万9340円から/13万2290円から(税込み)。なおCore i7-8700K以外の第8世代Coreプロセッサの取り扱いについては順次開始の予定だ。

最終更新:10/13(金) 15:27
ITmedia PC USER