ここから本文です

アイアム野田、ギース尾関、本間キッドら参加、劇団せきしろ旗揚げ

10/13(金) 13:22配信

お笑いナタリー

「劇団せきしろ」の旗揚げ公演「箱の中の猫は絶対に生きていて、箱を開けるといつものように鳴くのだ」が11月3日(金・祝)に開催され、鬼ヶ島アイアム野田、ザ・ギース尾関、や団・本間キッドらが出演する。

【写真】佐藤貴史単独公演「元々は賄いだった」チラシ(他1枚)

今年6月「アイアム野田劇団」旗揚げ公演で初の長編作に取り組んだせきしろがこのたび始動させる劇団せきしろ。せきしろは第1回公演について「今流行りの『脱出』や『推理』の要素を入れつつ、自分の力をすべて出しきって悔いの残らない脚本を書きます。そして一生懸命演出をして、自分たちの演技ができるよう精一杯頑張りますので皆さん応援をよろしくお願いします」とコメントしている。

なお10月16日(月)には東京・新宿ロフトプラスワンにて「今は亡きアイアム劇団旗揚げ公演上映会」が実施されるので「劇団せきしろ」旗揚げ公演と併せてチェックしておこう。

また、せきしろは劇団せきしろ旗揚げ公演に出演する俳優・佐藤貴史が11月21日(火)、22日(水)に東京・サラヴァ東京で行うソロライブの脚本を担当。このライブにはラブレターズ塚本のゲスト出演も発表されており、塚本は「ゲストとして呼んでいただき、とても光栄です!『目を閉じれば佐藤さんが浮かんでくる』くらい、皆様の脳裏の裏の裏まで佐藤さんを刷り込みに行きたいと思います! 最良な相方になれるよう、がんばります!!」と気合い十分の様子で、佐藤も「小学校の学芸会での思い出、アラジンと魔法のランプの宝石役から考えたら、とんでもないプレッシャーです。持ち前の明るさでラブレターズ塚本っちゃんとがんばります!」と意気込んでいる。

今は亡きアイアム劇団旗揚げ公演上映会
日時:2017年10月16日(月)18:30開場 19:30開演
会場:東京・新宿ロフトプラスワン
料金:前売1800円 当日2100円(共に飲食別、要1オーダー500円以上)
チケット:ローソンチケット(Lコード:31658)にて販売中。
<出演者>
鬼ヶ島アイアム野田 / せきしろ / ザ・ギース / や団・本間キッド / 山脇唯

劇団せきしろ旗揚げ公演「箱の中の猫は絶対に生きていて、箱を開けるといつものように鳴くのだ」
日時:2017年11月3日(金・祝)15:00開場 15:30開演 / 18:30開場 19:00開演
会場:劇場MOMO
料金:前売4000円 当日4300円
チケット:チケットぴあ(Pコード:481-479)、TIGETで販売中。
<出演者>
佐藤貴史 / 高田郁恵 / 鬼ヶ島アイアム野田 / ザ・ギース尾関 / や団・本間キッド

佐藤貴史単独公演「元々は賄いだった」
脚本:せきしろ
日時:2017年11月21日(火)、22日(水)19:00開場 19:30開演
会場:東京・サラヴァ東京
料金:前売3500円 当日3800円(1ドリンク付き)
チケット予約:http://l-amusee.com/saravah/reservation/postmail.html
<出演者>
佐藤貴史
ゲスト:ラブレターズ塚本

最終更新:10/13(金) 13:22
お笑いナタリー