ここから本文です

8K対応の動画管理ソフト「TMPGEnc KARMA.. Plus 2」。HEVC 4K出力も

10/13(金) 14:25配信

Impress Watch

 ペガシスは、HEVCやXAVC Sの動画再生に対応した動画管理ソフトウェア「TMPGEnc KARMA.. Plus 2(カルマプラス 2)」を24日より発売する。ダウンロード版のみで、価格は4,990円。対応OSはWindows 7 SP1/8.1/10で、64bit OS専用。30日間試用できる体験版もダウンロード提供する。

 「TMPGEnc KARMA.. Plus」(’09年発売)の後継ソフトで、8年ぶりにメジャーアップデート。4K/8K動画を含む動画ファイルの分類・検索、詳細情報の確認などができる「動画管理」、動画再生や複数動画の同期再生も行なえる「閲覧」、ハードウェアエンコードを用いた最大4Kサイズの出力に対応する「変換」の3機能を備える。デジタルカメラ/ビデオカメラやスマートフォン、アクションカムなどで撮影したファイルをまとめて管理できる。

 前バージョンからのフィードバックを元にインターフェイスを改善。各ライブラリパネルは、サムネイル/リスト表示の切り替えや、サムネイルサイズ、ソートなどを独立して設定可能にした。ライブラリ画面のサムネイルにマウスホバーするだけでコンテンツの内容をダイジェスト再生したり、映像素材のCM候補検出によるチャプター登録も可能。

 プレーヤーも全面刷新し、最大8Kの映像再生に対応。2つの動画ファイルをオーバーレイまたはセパレートで同期再生できる「デュアルプレイヤーモード」や、音声キーを維持しての倍速再生機能なども備える。

 読み込みできるフォーマットやファイル形式を拡大し、H.265/HEVCやHigh Intra 4:4:4 10bitのH.264/AVC、XAVC S、MXFコンテナファイル、WebM/Oggなどの入力に対応。変換機能は、Intel Quick Sync Video、NVIDIA NVENC、AMD Media SDKによるH.264/AVC、H.265/HEVCハードウェアエンコードに対応する。

 64bitアーキテクチャにネイティブ対応し、利用できるメモリを増やしたことで大量のクリップを扱う場合など多くの操作がより軽快になるという

 なお、前バージョンで搭載していたFLV1/4 入力機能、CUDAエンコーダを利用した出力機能、Tileshot CREATOR機能は、TMPGEnc KARMA.. Plus 2には非搭載となる。

 主な追加機能は以下の通り。

対応入力フォーマットの拡大H.265/HEVCファイルの入力に対応MXF コンテナ入力に対応High 4:4:4 10bit H.264/AVCの入力に対応XAVC S ファイルの入力に対応WebM(VP8/9)/Ogg入力に対応音声単体ファイルの入力に対応タイトル/マルチストリーム解析機能
メインインターフェイスの刷新自由な表示を実現するライブラリビュー強化されたストーリーサムネイル機能視聴済みインジケーターを搭載詳細な情報表示が可能なクイックプレビューCM候補検出機能を搭載ペガシス製品で出力したキーフレームファイルのチャプター適用に対応ペガシス製品との連携編集に対応他のプレーヤー/プログラムとの連携機能全面刷新されたプレーヤー
全面刷新したプレーヤーマウスホバーでの簡単サーチ機能早見/スロー再生機能8K対応のプレビューコントロールNVDEC/CUDA、Intel Quick Sync Video、AMD Media SDKのハードウェアデコードに対応現在フレーム情報表示機能複数字幕・音声データの再生、切り替えに対応強化されたチャプター機能粗い・暗い・映像も見やすいフィルター機能の搭載プレビュー映像の画像保存に対応刷新したデュアルプレイヤーモードIntel Quick Sync Video、NVIDIA NVENC、AMD Media SDK(VCE)対応のハードウェアエンコード機能
その他の機能TMPGEnc Smart Tap Controllerに対応Karmaレベル機能を搭載再生履歴機能を搭載デフォルトプレーヤーの登録が可能サムネイル画像の取り込み機能を搭載64bitアーキテクチャにネイティブ対応

AV Watch,庄司亮一

最終更新:10/13(金) 14:25
Impress Watch